2018.12.11

月経困難症啓発活動を開始いたします

2018年12月より月経困難症啓発活動を開始

日本カルミックは、CSR活動の一環として2018年12月より月経困難症啓発活動を開始いたします。

■月経困難症とは
 月経困難症とは、日常に支障をきたすほどの痛みを伴う月経のことを言います。日本ではおよそ800万人(*)いると推定されますが、少子化、晩婚化に伴い増加傾向にあります。
治療により軽減や完治が可能ですが、「痛みは我慢するもの」という認識が強く、受診率は10%程度に留まっています。
子宮内膜症などの婦人科系疾患が隠れていることも多く、正しい知識を持つことと、早い時期の受診が大切です。

(*)JECIE「子宮内膜症 Fact Note」 http://www.jecie.jp/material/factnote/

 日本カルミックではかねてより「サニッコ」という、快適・衛生的に利用できる自動開閉式サニタリーボックスの普及に努めて参りましたが、月経にまつわるサービスを展開する会社として、さらに月経の理解を深め、社会全体の女性の活躍推進に寄与できるよう、この活動を始めることとなりました。
開始にあたっては特別非営利活動法人 子宮内膜症啓発会議(JECIE)にご協力、ご指導をいただいております。
今後とも皆様へ価値のある情報・サービスをお届けできるよう、全社を挙げて取り組んで参ります。

以上

お知らせトップへ

サービス・商品に関するお問い合わせ