設備の維持管理・メンテナンス貯水槽清掃

水の滞留が長時間経過すると、水中の遊離残留塩素が消失してしまい、水質が悪化してゆきます。最近では、飲料水の減少や過大な槽容量により、換水の回数が減少し、残留塩素濃度の低下となることへの注意が呼びかけられています。

槽内点検・調査を通じて水の安全確保を行います。

安心して飲める水の確保には、まずタンクコンディションを衛生的に維持することにあります。それには、定期清掃・槽設備の定期点検を基本に、さらに水質基準にもとづく水質検査が最重要項目となります。
定期的な水質検査により水の状態を確実にチェックし安全管理を行います。

  • 6カ月以内ごとに実施(全項目,一般項目)
  • 毎年6月~9月に実施(消毒副生成物)

サービス内容から探すトップへ

サービス・商品に関するお問い合わせ