沿革

1969

日本カルミック株式会社は、「環境衛生」をテーマに、英国最大の医薬品メーカー「ウエルカム・ファンデーション社」と「共立商事(現:共立製薬)」の合弁会社として、東京・九段に設立。

1970

「カルミック・エアー・ユニーク・サービス」を開始。全国有名企業のトイレに設置し、トイレの革命といわれる。現在、全国公共機関、企業、病院等70,000余りの事業所にレンタルサービスされている。

1973

給排水設備の洗浄、メンテナンス、料金体系、作業計画、レポートなどのメンテナンスシステムを他に先駆けて展開。

1975

上水道給水洗浄管理、給水系統設備メンテナンスに斬新な機械技術導入。

1977

建築設備の設計・施工及び保守・維持管理システムを総合的に推進。冷却水を中心として省エネとメンテナンスの合理化を図る水処理に新機軸を確立。

1979

オフィス用芳香器レンタルサービス開始。

1980

「総合ビル管理」開始。「カルミック・エアー・ユニットMK7」開発。

1983

ビル空調の管理・制御システム、プラント工事、バイオクリーンルームの設計・維持管理など展開。

1984

設備劣化防止及び強化対策として「ライニング・リニューアル工事」開始。メンテナンスシステムによる赤水制御及び防錆対策を体系づける。

1985

設備診断・予防保全を含む総合的メンテナンスシステム確立。

1990

トイレ衛生管理、水と空気のマネージメント総合化。

1991

サーベイ、クリーニングメソッドなどのサービスクオリティの強化を図る。

1992

新たに環境衛生事業分野で、世界でも有数なグローバル企業、英国の「レントキル・イニシャル社」と合弁。「オートサニタイザー」「ハンドドライヤー」「サニタリー・ディスポーザル」などノンタッチ方式を中心にカルミックのウォッシュルーム衛生空間システムサービス開始。厨房排水のトラブル、油脂、生ゴミを解決する「GCC(グリストラップ クリーン コントロール)」営業開始。

1993

ペストコントロール開始、飛来昆虫捕獲器「FICS」「フライキャッチャー」を「HACCP」及び異物混入防止への有効機器としてサービス開始。

1994

防火・衛生・安全効率の高い厨房用高性能「グリスフィルター」サービス開始。

1996

薬用泡洗剤を自動吐出する「オート・フォーム・ソープディスペンサー」開発。

2000

センサー内蔵サニタリーディスポーザル「サニッコ」を開発し、女性用トイレのリサイクル型メンテナンスサービスの拡充を図る。

2004

便座除菌液ディスペンサー「トイレットシートクリーナー」開発。

2005

「サニタイザーMK111」開発。

2006

圧縮ラミネート機能付きサニタリーディスポーザル「サニッコパックタイプ」開発。

2008

浮遊カビ菌等の作用を抑制する空気衛生機「エアー・サニタイザー」をシャープ㈱と共同開発。紙おむつ(赤ちゃん用)全自動圧縮ラミネート型「ディディー・パック」開発。

2009

センサー一体型小便器、タンク式大便器対応「サニタイザーMK14」開発。

2011

トラップジーラ販売開始。

2012

ノンガススプレー方式の「エアーフレッシュナースプレータイプ」開発。

2014

フレグランスディフューザー「プレミアムセンティング」サービス開始。

2015

利用状況(使用頻度・使用水量)の遠隔監視機能付き自動洗浄装置開発。

2018

北海道産トドマツから抽出した機能成分を配合した新たな消臭&芳香剤のサービス開始。