病気の真実と数字

フリーコール 0120-921-291  または お問合わせ

病気の真実と数字

私たちは低い衛生基準を許容しません。
病欠の主な原因は、風邪やインフルエンザ、おなかの具合が悪いなど軽い病気です。手洗いを奨励することで、病気を30~50%減少させることができます。

  • 世界中の45%の人が、定期的な手洗いは風邪やインフルエンザの予防に最も効果的であると考えています。
  • インフルエンザの大流行は最大40%の職場に影響を与える可能性があります。
  • 17件の研究の調査によると、手洗いという単純な行為が胃腸風邪のリスクを47%減少させるとのことです。
  • MRSAやクロストリジウム・ディフィシレのような感染症は主に手から手へと広がります。このことは、サルモネラ菌、大腸菌、A型肝炎ウイルスなどによって起きる病気が拡散する際の重要な要素でもあります。

  • 手洗いは、下痢の発生率を42~47%減少させることができ、また、死亡する人の数を世界中で年間約100万人減らすことができます。
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は、1961年に英国で初めて確認されました。
  • 毎年400人を超える人が食中毒で亡くなっています。
  • 毎年、10人に1人が汚染された食べ物で病気になり、その結果、毎年420,000人もの人々が死亡しています。これらの病気の40%は手が不衛生であることと二次汚染が原因で起こります。
  • 感染性疾患が一つの地域で同時期に多くの人に広がることを、エピデミックと言います。多数の都市で同時にエピデミックが起きることを、パンデミックと言います。