サニタイザー

フリーコール 0120-921-291  または お問合わせ

サニタイザーについて

サニタイザーの効果

水洗トイレでは、目に見えない便器の表面やトラップ、排水管内で微生物(バクテリア)が活発に繁殖しています。水は、汚物を流しますが、同時に尿の成分や細菌などど結びつき、バクテリアの繁殖を促す要因にもなっています。

サニタイザーの設置によって、水洗の水が流れ終わる最後の水がサニタイザー内を通過し、薬剤を溶出し、ゆっくりと便器表面からトラップへ、そして排水管へと流れてゆき、効果的な働きをします。このユニークな機能は水を流すたびに作用し、持続的な防止工となります。

①水洗の終わるころ、水に溶解した洗浄剤・静菌剤が溶出
②便器表面にゆっくり作用、汚れを洗浄し、脱臭する
③汚れをバクテリアの集中するトラップ内でさらに効果を持続する
④トラップからさらに排水管へと流れていき、効果的な働きをする
⑤香り(微香性)の発散 
①から④の繰り返しで、排水管詰りと悪臭の原因を常時防止

ダウンロード>> トイレのトラブルとサニタイザー

サニタイザーの薬液

サニタイザーの薬剤は、汚れと悪臭を除去・防止する2つの主成分からできています、一つは、汚れを即効的に洗浄する洗浄剤で、もう一つは悪臭源となる尿石(スケール)の発生を防止するための殺菌力をもつ静菌剤です。

スマートソリューション:カルミックのサービス

カルミックでは、より安心できるトイレ環境の維持に向けて、定期サービスや効果のチェックを行い、製品の改良、豊富な分析データー・情報提供など、より適切なサービスを行います。

  • お客様に合わせたサービスサイクル
  • 確かなサーベイにもとづいたきめ細やかなサービス
  • お客様の衛生を守ります 

最新建築こそサニタイザーが必要な理由

最近の建築ではエコのために洗浄水を少量にし、省スペース化のために排水管の勾配を緩やかにする傾向が多く、悪臭や詰まりの主な原因となる尿石が付着しやすい環境が増えています。尿石の発生を防止するサニタイザーは快適性と衛生環境を重視する最新の建物には特に効果を発揮します。