環境に配慮する環境先進企業

安心・快適なトイレ環境を維持するサービスシスム, 日本のパイオニアからグローバルリーダーへ

「水と、空気と、カルミック」をスローガンに、トイレ革命を起こした日本カルミック。安心・快適なトイレ環境を維持するだけでなく、環境負荷軽減を行い循環型社会に応えている。

 イノベーションとは、まだ誰も見たこともなく、欲しがってもいないものを生み出すことだ。新しいものが時代をリードし、時代を創造していく。日本カルミックは48年前に「環境衛生」ということをテーマに取り組み、清潔、快適な環境、価値を創り出し、都市の生活、ワーキングプレイスを機能的なものとするというミッションの下に歩き始めた。

部長と社長

衛生だけでなく
経費削減やCO2削減にも貢献

男性なら誰でも見たことのある「サニタイザー」。水洗トイレの宿命ともいえる悪臭と尿石(スケール)。日本カルミックはこの問題に、水が流れるたびに洗浄剤と静菌剤を流すサニタイザーによりソリューションを与えた。このサニタイザーには、(1)洗浄、(2)脱臭、(3)静菌、(4)排水管の詰り防止、(5)芳香、そして(6)節水・節電という効果がある。

 同社が設立されたのは、環境問題がまだ社会問題として取り上げられてなく、日本に「公害」と言う言葉も目新しい1969年6月6日。「環境衛生」をテーマに、英国のウエルカム社と共立商事(現・共立製薬)の合弁会社として設立された。日本カルミックは「サニタイザー」を「Calmic Air Unique Service」として開始した。会社設立前後から日本も水洗トイレ時代に入り、カルミックの製品は、日本市場向けにカスタマイズされながら、経済成長に合わせて日本中の企業や公共施設や病院などに設置されるようになった。

 なぜ「サニタイザー」はこれほど市場を拡大できたのか? 髙居社長はその理由を「サニタイザーは最小限の水で、悪臭や汚れ、尿石の付着防止を可能にする。つまりカルミックの製品は、洗浄・静菌効果、設備の延命だけでなく、節水効果、経費削減や省エネおよびCO2削減効果がある。そのメリットが理解されたことが大きかった」と説明する。

 91年に日本カルミックは、新たに世界有数のグローバル企業である英国のレントキル・イニシャル社と合弁。現在、国内の18オフィスを通じて、主力製品の「サニタイザー」を核として、ウオッシュルーム関連製品のレンタルサービスの提供を行っている。







サービス自体、
女性が働きやすい環境をつくる

 同社の製品は、ウォッシュルームの日常管理の方法を大きく変えただけでなく、環境負荷の軽減化に大きく貢献していることに特徴がある。その代表的なものが、サニタリーボックスの「サニッコ」レンタルサービスだ。「サニッコ」は、自動でふたが開閉するタッチレスによる汚染予防と、高い抗菌・衛生管理技術で二次感染を防止する機能を持ち、専門のサービスレディによる定期サービスに加えて、廃棄物をゼロにする資源循環型サービスを実現しているのだ。

サニタリーボックス

具体的には、回収した廃棄物は「廃プラスチック」として安全に処理され、サーマルリサイクル(発電型)によって電力削減に貢献。また廃棄物固形燃料化へのRPFリサイクルによって、代替エネルギーとして再資源化され、こちらでもCO2排出量を削減する。

 このサニタリーボックスのレンタルサービスというのは、定期的にボックスごと新しい容器と交換し、殺菌剤を入れてボックス内で菌が繁殖しないようにするサービスだ。レントキル・イニシャル社より日本カルミックに92年に紹介された。英国ではサニタリー廃棄物は適切に廃棄されなければならず、女子のトイレブースにはサニタリービン(ボックス)を設置し、トイレに流してはいけないという法律がある。しかし、日本ではそのような法律がないことや、廃棄物の処理方法、殺菌剤、文化の問題があり、英国仕様をそのまま日本に応用できなかったので、さまざまな試行錯誤をしながら日本カルミック独自の方法を生み出し新しい女性トイレの文化を創り出した。

カルミックのスタッフ

「サニッコサービスを始めるに当たって、まず女性のセールスとサービスの専任チームをつくり新しい女性トイレ文化の創造を促進しました。それまで日本カルミックは男性セールスマン中心の会社でした。しかし、社内に女性だけのチームをつくり、お客さまの男性担当者に女性が働きやすい環境づくりを訴えました。また特に中・高、短大、大学に積極的にサニッコを紹介したのです。それは将来彼女たちが社会で働きだしたときに、多くの男性社員の中で、女性たちが働く環境を自分たちでつくっていくことができるように、という願いも込めました」と髙居社長は話す。

人と空気の衛生的な環境をつくり出す事業を展開

 日本カルミックではこの他、ウオッシュルーム事業として、消臭芳香器エアーフレッシュナーやソープディスペンサー、便座シートクリーナーなどのレンタルサービスも提供。また、リノベーション&メンテナンス事業として、オフィス空間管理のエアーマネージメントの分野と、大きなチャレンジである「フードセーフティ」を確保できる厨房マネージメントサービスにも力を入れている。

 カルミックが考える「フードセーフティ」は定期的に訪問するのではなく、24時間モニターし、衛生・効率・コストカット・環境管理を分析し、その情報をお客さまと共有し、次の段階のメンテナンスを考えることを目指している。その視野にはもちろん2020年の東京オリンピックも入っている。

 同社では、人とビルが健康的な状態で共生するための環境を“トータルハイジーン(衛生)”の考え方で創造。ウオッシュルームの衛生だけでなく、人と水と空気の衛生的な環境をつくり出す統合的事業を展開している。

「現在は何よりも地球環境を保全しつつ、持続可能な産業や開発が求められる時代だ。日本カルミックは建物の中にいる人の健康、安全を守ることで、まだ誰も見ていない、欲しがっていないサービスの提供と、IoTを駆使しながらカルミック自体がメディアサービスを行う情報産業分野への展開も考えている。その究極のゴールは全体的なサービスの向上によるカスタマーズベネフィット、顧客満足にある」と、髙居社長は新たなステージを見据えている。

「サニッコ」を共用トイレに採用。人々が集まる場所に確かな憩いを

 JR大崎駅に直結する、緑の多い近代的な30階建てのオフィスビル「ThinkPark Tower」。そのビルの共用トイレに「サニッコ」と「ディディーパック」(紙オムツ専用ボックス)が採用されている。施設管理を担当する世界貿易センタービルディングによれば、デモ設置やアンケートによる評価が高かったため、採用を決定したという。

「最初は地下1階だけだったのですが、問題なく快適に使っていただいたので、外からの不特定多数の訪問者が多い、地下1階駐車場から2階の共用部分にも導入しました。オフィス街ですがフットサルコートで小学生も活動していることから、小さいご兄弟のためにディディーパックも採用しました」(施設管理部・飯尾弘伸次長)


日本カルミックの
営業所