不浄の害虫/ハエ

フリーコール 0120-921-291  または お問合わせ

病原菌の運び屋 ハエ

ハエはどこにでも止まるため、下水や生ごみなどや諸々の不潔なものから病原菌に触れ、その病原菌はハエの嘔吐や、ハエの糞から人間や食品に移行され、汚染を広げます。
またハエは、大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ等の病原菌を広げる疫学的要因として認識されています。
ハエの繁殖率は高く、適切な環境下で一対の蝿は4ヵ月の間に191京(10の18乗 ) に繁殖することが可能です。
ハエの発生により、多大なる影響をビジネスにもたらしてしまうことがあります。

ハエは不潔

  • ハエの足には味覚センサーがあり、まず足で食物を探してから、口で摂取します。
  • ハエは固い食物を摂取することができないので、口から唾を食物の上に吐きだして柔らかく溶かしてから摂取します。
  • ハエは190万もの菌をその体で媒介します。
  • 3300万もの微生物を消化器に持っています。
  • どこかに止まるごとに何千もの黴菌を落とします。
  • ハエ1匹を見つけたなら気がつかないだけで、そこには20倍以上のハエがいる可能性があります。

ライトトラップ選びの4つの法則。

  1. 1秒でも速く捕らえること
    大量捕獲よりも、人目につく前に、食材や食品にたかる前に素早く捕らえることが、飛来害虫の被害を最小限にする方法です。
  2. 紫外線は強さよりも範囲
    ランプの強さよりも光を効率よく届かせるためのデザイン、材質、設計の総合力が捕獲力とスピードの違いになります。

  3. 紫外線の死角をつくらないこと
    点滅なしのランプの採用、透過性や反射性を極めたボディの開発など、スピードと照射範囲を大幅にアップする機能を備えています。
  4. 最大効果は適正サイズから。
    スペースと照射範囲が合わないと、外から呼び寄せてしまったり届かなかったりと効果を十分に発揮できません。大切なのは適正サイズを選ぶこと。