トイレ-サービス

トイレの話

フリーコール 0120-921-291  または お問合わせ

トイレの話

水洗トイレは、1596年にエリザベスI世が名づけ親であった貴族ジョン・ハリントン卿によって考案されました。

  • 米国アリゾナ州のチャールズ・ゲルバ博士が行った研究では、女性用トイレの中で一番の細菌の「ホット・ゾーン」は、トイレの個室であることが明らかになりました。
  • トイレで流すと糞尿に関連した微生物を含んでいる可能性のある小さな水滴が一斉に飛び散ります。これを「くしゃみ効果」と言います。
  • 2011年のある研究では、便器のフラッシュハンドルと便座が人の腸内細菌の住かであることがわかりました。このことは、糞便汚染を示唆しています。
  • 便器の使用後には便器内に、1平方センチメートルあたり3千万個を超える数の細菌が存在する可能性があります。
  • 用便後、流した後でも、100万個を超える細菌が次に水を流すときまで生き続けます。

  • 最初の消臭剤はザクロに香辛料のグローブを刺したものでした。
  • 列の一番手前のトイレ個室は、使用頻度が最も低く、最もきれいです。
  • 1960年にアルフレッド・ヒッチコックが製作した「サイコ」は、トイレで流すシーンを初めて見せた映画でした。しかし、このシーンは人に不快感を与えたためたくさんの苦情が出ました。
  • 人は年間2,500回トイレに行きます。1日あたり6.8回となります。
  • 人はトイレに行くことに人生の中の3年を費やす計算になります。
  • 効率的な便器または付随器具の使用により水の使用量を25%減らすことができます。
  • 適切に機能しているトイレは、手の衛生状態を向上させ、モラルにプラスの影響をもたらすことができます。

レントキル・イニシャル社 ハイジーンカタログチームのリサーチより引用