細菌の真実

フリーコール 0120-921-291  または お問合わせ

細菌の真実

清潔さと衛生は同じではありません。清潔に見えても衛生的、つまり、無菌状態であるわけではありません。
衛生的なサービスがなければ、病気はさらに蔓延するでしょう。

  • 47%の人が、臭う空気には細菌が大量に含まれていると考えています。
  • 一回くしゃみをすれば、平均約100マイル/時間の速さで進み、何百万もの細菌を含んだ4万個を超える水滴の飛沫が生じます。こうした飛沫は10メートルまで広がる可能性があります。
  • トイレの使用後、片手1平方インチあたり2億個を超える数の細菌が存在する可能性があります。
  • 成人は一般的に毎日5,000~50,000個の微生物を吸い込んでいます。
  • 細菌は単独で生きることができますが、通常表面上に形成される「スライム・シティ」としても知られるバイオフィルムの中に集まることを好みます。
  • 細菌は手の表面で3時間まで生き続けることができます。
  • 細菌は37°Cで最も増殖します。
  • 湿った手は乾燥した手より1,000倍以上細菌を拡散します。
  • 汚染された部位上の検出可能な感染性ライノウイルスは24時間以上の間、指先に移動することができます。
  • トイレを流すと糞尿に関連した微生物を含んでいる可能性のある小さな水滴が一斉に飛び散ります。私たちは、これを、空気中に細菌とウイルスをまき散らし、ウォッシュルームで人を感染させるうってつけの方法であることから、「くしゃみ効果」と呼んでいます。
  • 4,000もの異なる種類の菌が世界中で特定されてきましたが、まだ見つかっていない菌はおそらく何百万と存在するでしょう。
  • 都会の野外の空気サンプル中には、空気1立方メートルあたり200~300個の細菌と微小な真菌の胞子が存在します。屋内環境では、その数が1立方メートルあたり2,000~3,000まで膨れ上がる可能性があります。

  • トイレを流した後、100万個を超える細菌が次にトイレを流すときまで生き続けます。
  • 最近の研究において、一般的に、成人の皮膚上に200種類を超える細菌が存在することが示されています。
  • 平均的な健康な人間の体中に住む細菌の数は、人間の細胞の10倍多いと推定されています。
  • 電話は、机上で最も汚染された物で、1平方インチあたり25,127個の細菌が存在します。

  • 一般的なオフィスワーカーの手は1日あたり1,000万個の細菌に接触しています。
  • 手の表面には1平方センチメートルあたり約1,000個もの常在細菌が存在する可能性があります。
  • 最適な条件下では、細菌は非常に速いスピードで増殖し、20分ごとに2倍に増えることができます。
  • 私たちは、通常、毎日吸っている空気の中で何百もの異なる種類の細菌と出会っています。
  • たった7時間で1個の細菌が2,097,152個に増殖することができます。